遺品整理は専門業者に依頼できる|遺品整理は与えられた課題

生前から準備

焼香

人の死に立ち会うことは好まれる仕事ではありません。葬斎場にしても、火葬場にしても、好き好んで働く人は、ほとんどいないでしょう。そのため、これまで、人の死に関わる業者はあまり多くありませんでした。生きていれば、いずれ死ぬわけですから、葬斎場や火葬場はやむを得ないとしても、それ以上の業務にまで広がりはありませんでした。遺品整理という仕事は新しい分野であり、人が好まない死に携わる仕事です。人が亡くなれば、故人に係る手続きは粛々と行われますが、残された遺品については、勝手には片付きません。しかし、遺族には遺族の生活があるわけですから、なかなか遺品整理を行う余裕がありません。これからは、このような遺族に対して、遺品整理を請け負う業者が増えていくことと思われます。

故人の遺品整理は遺族が行うべきことですが、身近に遺族がいない場合には、なかなか片づける時間がありません。アパートなどの独居老人が増えている今日、片付けも簡単ではありません。しかも、核家族化の進展により、遺族である子供たちが遠くに住んでいるというケースが多いのです。現代は、人口減少時代ではありますが、高齢者の数は増加しています。高齢者同士で支えあって生活している人も少なくありませんので、遺品の片付けも自分たちではできないケースが増えています。このような状況の中、遺品整理業者を活用していくためには、生前から、あらかじめ、死後の準備をしておくことが大切です。残された遺族の手をできるだけ煩わせることがないよう、事前に業者の利用を検討しましょう。